居宅介護支援|メロディケアプランセンター

利用案内

私たちにお任せください。

メロディケアプランセンターでは、4人のケアマネジャーが主任ケアマネジャーを取得しており、経験豊かなケアマネジャーが、誠心誠意対応させていただきます。

お気軽にご相談ください。

 

 

居宅介護支援事業所とは

 居宅介護支援事業所とは、ケアマネジャー(介護支援専門員)が、利用者様、家族様を含めた世帯としての日常生活の課題を見出し、その課題を解決する為に一緒に考え、在宅生活を続けられるように利用者様・ご家族様自身の能力の活用、必要な介護保険サービスや行政サービス、ボランティアなどの利用を提案しながら日常生活をコーディネートするための事業所です。
 また、ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、介護の知識を幅広く持ち、介護保険利用に必要な居宅介護計画(ケアプラン)の作成やサービス事業者、主治医、その他関係者との連絡調整を行う役割を担った専門家です。なお、経験をつみ、一定の研修を修了したケアマネジャーは、「主任ケアマネジャー」の資格が付与され、その役割は、ケアマネジャーとしての役割にとどまらず、地域のケアマネジャーの相談、指導や困難な方への支援など多岐に渡ります。

 

介護保険サービス提供までの流れ

1. まずは、お気軽にご相談ください。

2. ケアマネジャーがご自宅を訪問し、介護保険サービス利用までの流れや利用できる
  サービスについてご説明いたします。

3. 利用者様の解決すべき課題をご一緒に検討致します。

4. 課題の解決に向けての目標を設定し、必要な介護保険サービスをご提案致します。

5. 地域の提供事業所の内容や料金を説明し、利用する事業所をお選びいただきます。

6. 提供する居宅サービスに関して、居宅サービス計画の原案を担当のケアマネジャーが
  作成致します。

7. 利用者様、家族様、利用するサービス事業所、ケアマネジャーなど関係者で課題に
  ついて  話し合い、利用者様、家族様の在宅生活が継続できるよう課題への解決に
  向けての目的、目標など必要な情報の共有を行います。

8. 居宅サービス計画に沿って、サービス利用票、サービス提供票をケアマネジャーが
  作成し、介護保険サービスが開始されます。

 

個人情報の使用について

1. 個人情報を使用する目的
事業所が、介護保険法に関する法令に従い、介護保険サービス等を円滑に実施する為に必要な情報を共有する事を目的とする。

 

2.使用に当たっての条件
①情報の提供は、居宅サービス計画を円滑に実施する為に必要な最低限に留め、情報提供の際には関係者以外には決して漏れる事のないように最新の注意を払うこと。
②事業者は、個人情報を使用した会議、内容等については記録を残しておく事。

 

3.個人情報の内容
・氏名、住所、健康状態、病歴、家族状況、その他の一切の利用者や家族個人に関する情報
・認定調査票(85項目及び特記事項)、主治医意見書、介護保険認定審査会における判定結果の意見
・その他の情報

 

4.使用する期間
契約締結日から契約終了日までの期間